障碍を持つひとの楽しさを支援しています!


by rakudazou

<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんどいつ会えるかな。

現状の厳しさ
 5月1日は私の誕生日である。長く生きれば歳も重ねる一方であるが、今年の誕生日には、真岡市に住むネコとポンタのところへ訪問した。
d0019913_1739217.jpgここ数年、年に1回程度訪れているが、見た目は元気そうでも年々と体力の衰えを身に染みて感じる。私も彼らの後を追っかけているような状況だが、障碍を持ち、共に70歳を超えて頑張っていると思うと、私の体力の衰えも実感して生きている現在、私の先々を見ているようで、放って置けないと思っても、せいぜい出来ることは顔を見せるだけである。リフトの車両も今年度いっぱいで廃車にするつもりでいるので、内心、ふたりの見納めのつもりで今回は出かけた。もしかしたら、また、行けるかもしれないが、現実には車両代は除いても、ドライバーの自給や燃料代、高速代などを入れると交通費だけでも1万5千円はかかってしまい、現在もこれからも私の置かれている現状では厳しいものがある。d0019913_17251584.jpg
 毎日、ヘルパーが入っているので、最近はいつもヘルパーの出入りの区切りのついた夕方の時間帯に合わせて出かけている。この夕方から翌朝のポンタを起こしに来てくれる時間までが唯一の二人だけの気の休まる時間であるが、何か緊急なことが起きたらどうするのだろうと心配にもなる。
 
諦めないで生きること
 ネコとポンタは元々、障碍者で生きてきて苦労をしてきたのに、障碍が何であるか理解しようとしないヘルパーやケアマネージャーは何なる脳梗塞や脳溢血の後遺症としか扱ってくれず、一番情けなく困ると言っていた。でも、日常生活のリズムは以前より落ち着いて来たように思われる。残された人生を日々の延長戦で諦めているのだと思う。 今や高齢化社会の中に障碍者は埋もれようとしている現状だ。
 ポンタは野鳥のメジロの飼育に余念がなく、1年中ベッドの上でしか過ごせないネコはそれを見て嘆いていたが、もう、こうなったら出来ることだけでも生活に楽しみを見出すことしかない。
 障碍者に理解のあるドライバーさんだったので、買ってきたお弁当を広げてみんなで楽しく食べて、話したいことはいっぱいあるのだが、思い思いに話し相手になって、二人とつてはホッとしたひとときだったと思う。
d0019913_17255273.jpg

 彼らが後に末端で生きる高齢重度障碍者の歴史を作るデーターになるような気がする。
特例で電動車イスが背中も足も上下稼動するまるで動くベッドのようなのがあるが、ネコたちには当てはまらず、でも、ネコもそのような電動車イスであったら、もう少し自由な生活が出来るのにと考えてしまつた。同じ重度障碍者でも「天と地」ほどの差がある。
 お互いに余命が分かっていれば苦労もないが、分からないから人間らしさがあるとも言える。電話だけでもいいから元気なうちは頑張って生きていることを確認出来ることが唯一の方法である。縁あって真岡市に移りすんで三十数年、これから出来るだけ1年でも長くふたりでこの真岡市営の車イス住宅で元気で暮らしてほしいと願っている。
 
 d0019913_17361614.jpg走る車の中から、新緑が芽吹いて美しく、藤棚が見えて最近、藤の花を見ていなかったので心の中で感動した。散りかけた八重桜が美しく地面にはピンクのジュウタンが風に舞っていた。
そういえば、今年の誕生日近くに、私の甥がアレンジメントの花を届けてくれたことを思い出しながら、時々、遠出するのも私の目にも身体にも自然に触れるよい機会になり何よりの健康法かもしれない。
[PR]
by rakudazou | 2007-06-14 14:40 | 《エッセイ》中村陽子