人気ブログランキング |

障碍を持つひとの楽しさを支援しています!


by rakudazou

メガネとおしやれ

誰でも老眼になるの・・・                 
 若い頃は、視力が両方とも1.5でとても良かったのに、それが当たり前のように生活していましたが、しかし、年齢と共に45歳を過ぎる頃から近くのもの、特に名刺の電話番号を見ようとする時、名刺を手元から離して見ても見難く、生活に差し支えるようになりまりた。初めてメガネを作ったとき、私は顔が丸いので、丸さが少しでも目立たないメガネと思っていましたが、大きなメガネは野暮だと言われました。
老眼で度が入っているので、誰でも初めの頃は同じ思いをしたのではないかと思いますが、町の中や特に段差のあるところでは、いつもより高く見えるので「気をつけて・・・」と言われますが、慣れるまでには少し時間がかかりました。でも、これからメガネのおしゃれを楽しもうと思いました。


メガネに対する思い 
 老眼になって喜んではいられませんが、欠点と思ったら欠点だらけなので、私の個性にしようと思い、いろんなメガネを見て歩きました。
気候や服装により靴をいろいろな色や形を楽しむように、メガネもその時の服装や心の変化により、今日はこのメガネにしようとか、このメガネで出かけようかとか、生活感を感じることができたのも、銀座のある「めがね工房」との出会いから始まりました。
それまでの固定観念のあるメガネのイメージがここで変わりました。
 見て楽しい、掛けて楽しい、メガネにも個性があり、掛ける人との気持ちと個性が出会うとたちまち、その人の顔の一部となり、私だけの世界でたったひとつのメガネが心ときめかせてくれます。
 最近はコンタクトレンズをしている人が多く、メガネをしている人がみんな老眼の人だとも思ってはいませんが、メガネの種類も色とりどり沢山あります。


メガネのアラカルト 
 近くが見えなくて遠くを見るのには不自由をしない、それが老眼の典型です。
いちいち掛けたりとったりしないメガネを上の枠がない軽いものを好んでしています。私の持っているメガネにはマーブルとか、スパゲティとか木目とか名前を付けています。その日によって違ったメガネを選ぶと気分も変わり、その日の生活のエネルギーの素にもなります。不思議なことに人の掛けているメガネが気になって、顔に似合ったメガネを掛けている人に出会うと、とてもステキな人に見えます。あなたも自分だけのメガネを選んで楽しんでみてはいかがでしょうか。
by rakudazou | 2003-05-29 11:27 | 《エッセイ》中村陽子