人気ブログランキング |

障碍を持つひとの楽しさを支援しています!


by rakudazou

<   2003年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

メガネとおしやれ

誰でも老眼になるの・・・                 
 若い頃は、視力が両方とも1.5でとても良かったのに、それが当たり前のように生活していましたが、しかし、年齢と共に45歳を過ぎる頃から近くのもの、特に名刺の電話番号を見ようとする時、名刺を手元から離して見ても見難く、生活に差し支えるようになりまりた。初めてメガネを作ったとき、私は顔が丸いので、丸さが少しでも目立たないメガネと思っていましたが、大きなメガネは野暮だと言われました。
老眼で度が入っているので、誰でも初めの頃は同じ思いをしたのではないかと思いますが、町の中や特に段差のあるところでは、いつもより高く見えるので「気をつけて・・・」と言われますが、慣れるまでには少し時間がかかりました。でも、これからメガネのおしゃれを楽しもうと思いました。


メガネに対する思い 
 老眼になって喜んではいられませんが、欠点と思ったら欠点だらけなので、私の個性にしようと思い、いろんなメガネを見て歩きました。
気候や服装により靴をいろいろな色や形を楽しむように、メガネもその時の服装や心の変化により、今日はこのメガネにしようとか、このメガネで出かけようかとか、生活感を感じることができたのも、銀座のある「めがね工房」との出会いから始まりました。
それまでの固定観念のあるメガネのイメージがここで変わりました。
 見て楽しい、掛けて楽しい、メガネにも個性があり、掛ける人との気持ちと個性が出会うとたちまち、その人の顔の一部となり、私だけの世界でたったひとつのメガネが心ときめかせてくれます。
 最近はコンタクトレンズをしている人が多く、メガネをしている人がみんな老眼の人だとも思ってはいませんが、メガネの種類も色とりどり沢山あります。


メガネのアラカルト 
 近くが見えなくて遠くを見るのには不自由をしない、それが老眼の典型です。
いちいち掛けたりとったりしないメガネを上の枠がない軽いものを好んでしています。私の持っているメガネにはマーブルとか、スパゲティとか木目とか名前を付けています。その日によって違ったメガネを選ぶと気分も変わり、その日の生活のエネルギーの素にもなります。不思議なことに人の掛けているメガネが気になって、顔に似合ったメガネを掛けている人に出会うと、とてもステキな人に見えます。あなたも自分だけのメガネを選んで楽しんでみてはいかがでしょうか。
by rakudazou | 2003-05-29 11:27 | 《エッセイ》中村陽子
d0019913_13523229.jpg

車イスの従業員のメリット
聞き手: 率直な印象ですが、ホームページで従業員のうち半分以上は障碍者の人の雇用を
      しているとか?
亀 田: 私が障碍者だから使っている訳ではありませんよ。障碍者がいたほうが便利な場合
      があるのですよ。雇用すると助成金が出るのですよ。
聞き手: 企業とかですか?
亀 田: 会社を運営していくには手段ですよ。そのためには設備もしますし、開発もしますよ。
     そのかわり能率給だから仕事の出来ない奴は給料が安いし、出来る奴は高いです
     よ。健常者を負かす人もいますよ。平等だから会社は一緒、助成金は別だから健常
     者も障碍者も給料はみんな一緒です。


聞き手: 入社テストもしっかりと面接して・・・
亀 田: そうそう、考え方がおかしいのはもう駄目です。それから、障碍者は先に言ったように
      営業するのですよ。友達がいます。一人が連れて来ると、もう、20人も30人もお客
      さんを引っ張ってきますよ。まぁ、中村さんと仲良くするのも一緒ですけど、それより
      ももっと自分で作る訳ですから「今度来いよ」とか、「遊びに来いよ」とか「何だ、おま
      えこんなことをしていたのか」なんか知らないけれど、若い金髪の障碍者が仲間を
      連れてくるのですよ。
聞き手: 亀田さんがセンターに入った時と同じようなことをするのですか。
亀 田: 一緒ですよ。障碍者を雇うとたくさんのメリットがあります。
中 村: 私もそうですけど、たとえば、同じ車イスの会社だったら、障碍者のやっている会社
     に頼んでしまいますものね。   
亀 田: そうですね。
中 村: そう言う、持ちつ持たれつと言うことあるでしょう。
亀 田: 縁故関係いれたら、選挙じゃないけど、1人にしてもその親子も兄弟も親戚もいるわ
     けですから、どんどんと増えていきますよ。これはひとつの技ですし、もうひとつの武
     器でもあるのですよ。私が便利なのは、障碍者の人には改造のPRなんてしていま
     せんよ。新しい人が来るでしょう。まず、今の身体の状態を聞き、また、ジョクソウが
     あるかないか、尿がどうしているか、年金はどうなっているのか、いろいろと聞き出し
     ますよ。まず、それが初め、「あれまぁ、無年金だって」とか、「じゃ、こういうものがあ
     りますから」とか教えて上げるのです。「エッ、ジョクソウが出来ている」って「じゃ、こう
     いう病院があるから紹介するから」手配する訳です。車の話は一切しませんよ。    
     怪我したばっかりだから親御さんたちも心配して、ここに来る訳ですからね。ここでみ
     んなが働いているのを見ているでしょう。働くことが出来るのかとか、車に乗ることが
     出来るのかと尋ねて来るのです。     
聞き手: 親御さんとかかなり喜ぶと思いますね。
亀 田: そうです。だから先にアドバイスですよ。免許なんか取ることは教えない。実際、後は
     カタログを持たして帰します。リハビリはこういうところにありますよ。入れば3ヶ月位
     で出てこられる?そういう医療機関のことも大体しっていますから、幾つもないけれ
     ど、パ-ッと病院を紹介してあげると言うより、ただ国立身体障害者センターがよいで
     すよとか、目的により段取りを教えて上げて、「私が電話しておくから」と本人のため
     に入院したくなくても入れてしまうのですよ。それもひとつの技です。
   
   
働くための条件
聞き手: ここで働きたいと言う問い合わせはあるのですか。
亀 田: ありますから、ある程度はここで面接を行なうのです。
聞き手: 例えば、そういう整備を教える専門学校があるとか。
亀 田: 障碍者の人は小平の職業訓練所とか所沢の国立身体障害者センターで受けている
     人も、もしくは元々経験のある人、それから、根っから障碍者の人はコンピュターな
     んか習っている人が出てきますよね。当社では同情では使いませんからね。何が出
     来るのか聞きますから、まず、当時者とマッチングしましたらお願いします。
聞き手: ここで育てるよりは、ある程度、技術を取得している人、このようなことをやってみた
      い人を雇用するのですね。
亀 田: はい、そうです。高卒でもあそこにはいろいろな人が入ってきましたが、一生懸命コン
      ピュターと商業出て来ていますので、「売り上げくらい出来る」と言い出したりする
      と、じゃ、使ってみようかと、今、出来ることをやっていますがね。      
聞き手: じゃ、中で育てることもあるし、こういう学校もあるとし紹介することもあるのですか。
亀 田: 勉強して来いとはいいませんね。やる気があるかないかだけですね。あとは身体が
      ついて来るどうかです。自分のことが自分で出来なくては駄目ですから、まず通勤、
      当社の場合寮があるので、そこからも来なければなりません。
聞き手: 寮があると助かりますね。
亀 田: ええ、寮といっても8所帯しかないですけど。自分で飯炊きや洗濯は自分持ちです
      から、お世話する人はいません。
聞き手: それでは、普通の会社に出勤して来て帰ると言うことですね。
亀 田: そうです。特に特別待遇はしません。まぁ、トイレの長いのだけは許可していますけ
      どハッハッハ、でも、出来たら長いのなら昼休みにしなさいと言いますよ。トイレで
      何 回も行き調子の悪い時は仕事になりません。
聞き手: 若い人が働いていますね。
亀 田: 随時、毎年何人かの障碍者の人を雇っています。まぁ、なかには全然駄目な子もい
     て辞めていきます。
聞き手: 普通の会社と同じように・・・
   
   
1人前のフロントマンになるには5年~6年
亀 田: だから、手が駄目な人や視力の悪い人は雇えないのですよね。安全性の問題があ
     り、いろいろと操作や組み立てもあります。優秀な取り付けまでなって出張やフロント
     まで出来るようになり今、取り付けをしているBさんも優秀な人ですよ。フロントまで来
     るのに5年くらいかかりますね。
聞き手: ひとりに・・・
亀 田: そう、車を知って改造が分かって、お客さんの判定と相談が出来るようになる、あと、
      登録と法律が分からないといけない。それで自然と勉強会をやっている訳です。当
      社は受け入れ態勢はいつもありますのでね。
聞き手: あとはしっかりと営業が出来るかどうか。
亀 田: そう。
聞き手: 東京とか、営業所を構える予定はありますか。
亀 田: ないですね。必要ないと思っていますし、当社は営業は1人も居ないのですよ。これ
      は自慢の内に入るかバカかもしれませんが、営業マンはいないのです。お客さんが
      来て、たまには私がこうして話をしたり、フロントマンがやるだけで、問い合わせの電
      話があれば、カタログを持ち出張の帰りに立ち寄って来るのです。お客さんとこのよ
      う な連絡を取りながらやって来ました。     
聞き手: そのほうが、口コミとか、技術者と営業マンを賭けることですね。
亀 田: 経費がかかりますからね。営業マンは靴とか背広を買わなければならないし、靴だ
      って何だってカッコのいいのは高い!
聞き手: 話は変わるのですが、ホームページなどを出すと逆に営業マンを呼んだら説得され
      るし、怖いというのがあり、公に見られたらあれだけカタログが載っているとやっぱり
      あれだけ掲示板に問い合わせがあるのは珍しいですよ。
亀 田: すぐ、飛んで来いとか説明しますのでいろいろとやってきますし、それでも分からな
      い時には車を持って行って説明します。実を言うと営業は自動車販売店の方がやっ
     てくれるので、まず、やる必要は無いと思っているのですが、特殊な技術の説明は別
     ですよ。当社はお客さんディーラー、ゼネラル営業マン、全国のディーラーが動 いて
      い る訳ですからね。このカタログはT社やH社やN社やM社などのカタログに入って
      いる訳です。          
中 村: そのような方が車を買う場合は手動装置を取り付けなければ乗れませんからね。
亀 田: そうそう、ディーラーの人は分からないと言うでしょ。「いや、初めてで障碍者の方は
      難しくて」と言ったら、「あなたも勉強ですからやってみたらどうですか」と当時者のほ
      うからアドバイスする訳ですよ。
      営業マンは「これから必要ですよ」と資料を送るからとかFAXでも何を言っても、まず
      は「減免」とか「改造用の登録をしてください」と言って下さい。
      手動装置のことは当社でやりますから、私は飛んで行っていろいろと説明をするの
      です。何だかどっちがお客か分からなくなってしまいますが、威張っている訳ではあ
      りませんが、障碍者のいろんな世界のことだったら絶対負けない自信があります
      から。一応、代理店になるのですが、A会社が陸送を専門に回し1人の介護車
     両で営業をやっています。もし、よかったら、リフト車両専門の工場も見学して行っ
     て下さい。                 
中 村: 長時間、お忙しいところ本当にありがとうございました。
by rakudazou | 2003-05-10 13:41 | インタビュー