人気ブログランキング |

障碍を持つひとの楽しさを支援しています!


by rakudazou

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あなたは心から接していますか?

元日の日 
 あなたは自動車を運転していますか?自転車に乗っていますか?車イスに乗った事はありますか?または、車イスを押した事がありますか。
 私は2010年、元日の日、年賀状を買いに近くのコンビエンスストアーまで、久しく肩の痛みで1人では出かけなかったが、ゆっくりと車イスで出かけて、年賀状を求めてから、近道をしょうと道路がなだらかな直ぐ角の路地に車イスを向けると少し先に2人の女の子がボール遊びをしていた。女の子たちと目が合った瞬間「車イスを押しましょう」と声と共に1人の女の子が車イスを押してくれた。「とても上手ね!!」と語りかけると
「以前にも、おばさんの車イスを押したことがあります」
「あら、もしかして、スーパーの前から家まで押してもらった子?」
嬉しそうに「ええ、だから、おばさんのおウチ知っています」
本当に教えないでも家に間違いなく近づいている。
「今、何年生なの?」
「小3です」と2人の女の子はうなづく
d0019913_22284387.gif「じゃ、あの時、は2年生のときよね。小さな可愛い女の子が、車イスを押しましょうと最後に家まで送ってくれたときに、何と親切な子かしら、このような心を育てた、お父さん、お母さんに会いたい」と凄く感激してうれしかった。帰り道の幸せに感謝しながら、家に到着
「この女の子たちが車イスを押してくれたのよ!!お母さんお菓子を上げて・・」と言うと、年末年始には訪れている高齢の母がお菓子の包みを差し出した。
「本当にありがとう」
「また、会ったら押すからね」と
「ありがとう」と帰って行った。
新年早々、うれしい体験だと思った。
d0019913_22271552.gif
d0019913_22281756.gif
 この小さな女の子はきっとやさしい心で押してくれたので、その心が伝わって来た。
 私はいろんな所で頭上の方から「何処までいきますか?じゃ、その近くまで」とか、偶然に同じ目的の場所であるとずっと押してもらって「ありがとうございます」というとその人々はもう見えない経験を数え切れないほど偶然の「親切」にそれらの人々に車イスを押してもらっていた。
 ほんの1年前までの私は、親切な車イスを押してもらう人々に「とてもとてもうれしくて楽をした」という感謝の気持ちで生活をしていた。

リハビリ通院のとき 
今までに通院リハビリで数人のヘルパーに車イスを押してもらい、近くの病院まで6ケ月ほど通った事があるが、その時にはスピードでは怖いとは思わなかったが、往復の行き帰りにどうしても踏み切りを横断しなければならなかった。この通院中に何と2回、踏み切り横断中に私はアッサリと踏み切りの中に落ちてしまった。両方ともヘルパーは動揺して「助けてくださーい」と叫ぶばかりであったが、誰彼となく人々が集まり車イスの上に乗せられて、怪我もなく済み落着くと、お礼をいうべき人の姿はいない。もし電車にでも撥ねられていたら多くの人々に迷惑をかけるところだったと、後から怖くなった。d0019913_22295023.gif
 お願いだから踏み切りや横断歩道の上では「落とさないで・・・」と思った。
踏み切りだけではなく歩道は車イスの人には傾斜があり、横断歩道の出口や入口、広い道路では中央分離帯にも段差があり車イスで通るには危険がいっぱいである。
手足の不自由になったお年寄りをヘルパーが車イスを押している姿をよく見るが、車イスに乗っているお年寄りは全面的にヘルパーに頼って乗っていると思われるが、そのような人を落としてしまったら「どうなるだろう」とゾッとすし、決して落としてほしくないと思う。

心が伝わるケア 
 年々と右手の痛みが増加し、昨年の11月、MRIの検査で「腱板炸裂」とようやく診断があった。もう、その前から自動車の運転も辞めて、その後、手動車イスでは近くの外出でも駄目だと思った。最近は何人かのヘルパーに近くでの通院、買い物をするために車イスを押してもらっているが、ヘルパーの性格がそのまま押し方、操作仕方でよく現われている。
d0019913_22302273.gif
いつも、いつ落とされるか分らないように先走って押す人、必ず段差等で戸惑う人、私の体験では、殆どの人が普段の自分の歩き方で押しているというのが現実である。「もっとゆつくりと走ってください」と言っても、分ってもらえないヘルパーには、自然と身体硬くなり、落とされないように車イスにしつかりと掴っているのが現実である。
よく、「院内での看護師の車イス介助はプロかもしれないが、一般の道路では素人である」と言われている。ヘルパーの資格を取得する時に安全な車イス操作を指導しているのでしょうか?指導しているのであれば現場での指導を徹底するべきである。
d0019913_22304930.gif
また、行っていないのであれば、これからの少子高齢化の時代が続く中、車イス事態の性能のあり方、一般道路を押す時に考えられる正しい対処の仕方方法をしつかり教えるべきと思うし、自動車の運転の出来る人はプロとして認められた訳でライセンスが持てると思うが、車イスの介助のプロも育てるべきでしよう。
誰でもパーフェクトの人はいないはず、半面その人の持つ良さも見つかるはずである。「ほめることと感謝すること」その相乗効果により人材は育つはずである。「ほめたたり」「感謝の気持ちを伝える」ことにより誰でも自信の持てることを意識することにより、多くの人材は育つであろう。
そして、車イス介助のプロ、入浴のプロ、掃除のプロ、料理のプロとか、ヘルパーの資格があっても、その人の得意とするところの経験を伸ばす事により、必ずプロの人材は育成できるものと考えられる。家庭の延長線上でも経験のある事は仕事に生かしてほしいと思うが、単なる誰でも出来ると安易な気持ちからヘルパーの仕事はしてほしくないと思う。d0019913_22322130.gif
 乗る人の気持ちになり、自らが車イスに乗り押される気持ちになり、心で車イスも押すべきである。走り方が速いか遅いか「尋ねる」事もひとつの知恵でしよう。何事も心で人に接する人は何でも利用者にとっては満足感があり、信頼も生まれて質の良いヘルパーと言える。金銭を受け取る以上、常に自らの仕事で相手がどのように思っているか?厳しさと共に優しい心が必要である。
これからの時代、相対的なヘルパーの仕事ではなく、たずさわる人の性格や自ら得意とする種別を生かすことにより、利用者の安心した満足度も得られると思う。
 私は常に人々に世話になる身であり、不具合も具合のよいことも歩みよりながら、人に感謝したり相手の持つ素晴らしさを発見しながら、1人の利用者として生活の向上に高めていくことにより、今の世代の人との関わりも見直されるように願いたいものと思う。
001.gif002.gif003.gif013.gif
by rakudazou | 2010-01-26 22:33 | 《エッセイ》中村陽子
私の年末年始 
2009年11月9日から更に具合が悪くなり毎日と獣医に往診してもらうようになり目が離せなくなった。その1ケ月後の8日の朝、ハナコは急激に状態が悪化し、数時間後には天寿を全うしてしまった。はかない命である事は覚悟はしていたがとても悲しい・・・いろいろな幸せをもらえて本当にありがとう。
d0019913_2236167.jpg

 今、思うとフクちゃんと呼ばれる仔猫の話は獣医夫妻から聞いていたし、私の最近知り合った女性の家で猫がいるが抱かせてくれないと寂しいと云われて、抱っこされる猫がほしいという話を聞き、先生にその事を話し、しばらくするとお目目が大きい黒い仔猫の写真を持ってきた。そして、先方にメールで写真を添付して送った。しばらくすると「家族会議をしています」という返信があったが、そのままの内に時間が過ぎて「あの、フクちゃんの印象だけが・・・」心に強く残っていた。d0019913_23115065.jpg
 そして、ハナコを亡くして悲しみくれている私の処に、1週間後の12月15日、毛布に包まれた小さなゲージの中から黒猫の仔猫のフクちゃんが現れた。幸せになるようにフクちゃんと呼んでいたそうだ。先生の話しではハナコより大きい仔になるだろうと言われた。とても元気なよく泣く仔である。特別に人見知りもしないでよく駆けて走り回りじゃれて、甘噛みをしては飛んで跳ねている。持ってきた羽子板の羽とタツノオトシゴのおもちゃと遊んでいたが、羽と飛ばしたり噛んだりしているうちに何処かに入れてしまったらしいが、タツノオトシゴは健在である。じゃれまくる姿に自然と笑いが込み上げてくる。d0019913_23122419.jpg
来た時から人の食べている物にはみんな嬉々とした関心を示して、仔猫用の缶詰のムースや牛肉のミンチにミルクを入れて、暖かくしてあげると泣きながらよく食べてくれる。
来てから24時間近くなってもオシッコをしてくれない。心配になり休診日なのに先生の所に電話をすると、チンチンを暖かいテッシュを濡らして撫でて上げたら・・・と云われて、抱っこして直ぐに実行、ピョーンとオシッコが出てくれた。ホッと一安心。
d0019913_23131187.jpg

 このフクちゃんの事で教えてもらった事はミルクも飲むがパンとお煎餅が好きだと言う。同じ物を上げたいが健康には塩分はよくないので、この機会に諦めさせようと思った。しかし、うっかりしてパンやお煎餅を置くと匂いに誘われて懸命に開けようと格闘しているので、我が家ではパンとお煎餅の姿は見えないようにした。
d0019913_23133441.jpg


ハナ太郎誕生
何故か似ている訳ではないのに、ハナコの幼い頃やいろいろな仕草と重なり、虹の橋を渡り天国へ行ってしまったハナコが送ってくれた弟猫のように思えるようになり、フクちゃん改め、ハナ太郎という名前に決まった。きっと芸者みたいな名前だと思われるかもしれないが、ハナコが再びハナ太郎になって我が家に訪れたように思った。黒猫のハナ太郎には鈴が付けられていたが、この鈴の音を頼りに音がする時には動いていて、音のしない時には寝ていると合図になった。リンリン、ジャンジャンと1日中、音がするようになった。d0019913_2314035.jpg
 しばらくすると私の身体を伝わって車イスの私の処に登って来るというのが、チビのハナ太郎には相応しかった。登る事を覚えるといく所々で登って来てはテーブルの上、パソコンの上と遊ぶだけならよいがいたずらをしては物を落とす事が得意になった。既に来て間もないのに3回も車イスで轢かれても怖気つく事もなく、私の方が動くのに気を使うが、きっともう、しばらくすると慣れてくれて轢かれなくなるだろう。d0019913_2314305.jpg
 トイレも最初から扱い易い紙で作ったトイレにし、先生の奥さんにお願いして届けてもらった。2段式になって、下の引き出しにはペットシーツを敷き、その上に紙で作られた砂を入れる。最初はトイレの中で遊んでいたが、ペットシーツに尿を紙砂の中に入れて置くと直ぐにウンチもオシッコも覚えた。オシッコをすると固まり色も変色する、これはトイレにも流せるし匂いも無く軽く清潔である。私のように身体の不自由な者には扱い易いと思う。ハナ太郎は泣きながらいつもウンチをするのは意味が判らない。
 ハナ太郎は私のいる処処に移動して、ダダーツと走る、時々、獲物を追いかける時のように唸りながら駆けて回る。ハナ太郎は大きくなったら本物のネズミを取るかもしれない。じゃれまくり、お腹空いて食べてはお腹がいっぱいになると寝るのを繰り返しであるが、
d0019913_23152849.jpg
ハナ太郎は人との肌のぬくもりを感じていたいらしい。この寝入った時でないと安心して物事が出来ない時もある。最も困った事は、誰か居る時はよいが、私1人の時にドアを開けて外に出る時にはそのまま付いて来てしまう事である。玄関に人が訪れる時にも直ぐに関心を持ち、興味津々と近づき外に出そうになるので、今までの口癖のように「猫がいますので閉めてください」とお願いする。ハナ太郎は必ず側に座って訪れた人を見詰めている。〔まあ、可愛らしい・・・〕と云われると誇らしく、これはハナコも同じようであった。
d0019913_2316631.jpg


里親との再会
 ハナ太郎こと、フクちゃんは獣医の先生の話では2009年10月13日、近くの場所に砂のような泥に塗れて生まれたばかりの猫の赤ちゃんを女性が助けた。家に連れて帰りシャワーできれいにしたが元気がないので獣医の処に連れて来た。その時にこの赤ちゃんのお兄ちゃんとなる1年2ケ月の猫の元気君が予防注射に来院していた。赤ちゃんはへその尾がついており、口の中にミルクのつもりで土が入っていたという。d0019913_2316378.jpg
 先生は元気君のお母さんに大きくなるまで育ててほしいとお願いすると元気君の優しいお母さんは「里親の見つかるまで・・・」と小さな本当に生命強いフクちゃんは元気君とその家族に可愛がられて共にずっと大きくなるまで育てられた。育ての親の元気君とお母さんと御嬢さんが心配して、ハナコにお花まで持って尋ねて来られた。感動の対面だと思っていたが、お母さんと御嬢さんは涙ぐんでいるのに、元気君もケージから出てもハナ太郎が近づくとフワッと怒るし、肝心のハナ太郎は遊びに夢中で、御嬢さんたちの腕に抱っこされてもキョトンとしてまるで忘れたかのように無心である。とても心配されて元気君と共に育てようとも思われた様子だ。「安心しました」と帰られたが、本当に育て頂きましてありがとうございました。ハナ太郎に代わりとても感謝をしています。
d0019913_2317739.jpg

 そんな訳でハナ太郎が我が家に訪れるまでには短い期間ではあるが、多くの人々の優しい手の関わりでこんな元気なハナ太郎が存在しているのである。
d0019913_23173844.jpg


お祖母ちゃんとの対面
 12月27日、ハナ太郎は2階のチョビ君〔チワワ〕のお母さんに留守番をお願いして、恒例の母と過ごすために迎えに行った。母が我が家に来ると足元にじゃれついて靴下の上から噛んだりまつわり付いて、つぶすようで歩けないと嘆く。寝ても布団の中に入り込んだり枕元でじゃれたり、顔をなめたり寝られないとまた、嘆く、昼寝の時も側で一緒に眠っている。しばらくして私がベッドに寝ると飛んで来て、しばらくは私の腕の中で疲れるまで遊んではそのまま朝まで眠っている。そんな訳で今年の新年ハナ太郎を中心に静かに過ごしたが、ハナ太郎だけはよく駆け回りじゃれて遊びに興じていた。d0019913_23181276.jpg
 母は1週間の滞在中でハナ太郎も母もすっかり慣れて仲良く寝ていた。年が明けて母が帰ると姿を探している。
 ハナ太郎との新しい生活が始まり、何でも関心を持ち、水だけではなく、何気なく置いて置く紅茶でも緑茶でもゴクゴクと美味しそうに飲む、顔が小さいから知らないと飲んでしまつている。よく、知り合いから猫は男の子のほうがベタベタと甘えて優しいと聞いているがハナ太郎を見ていると常に人の居る方向で生活しているので、密着感は感じている。
d0019913_23183967.jpg
ハナ太郎!!元気でよい仔に育とうね。





d0019913_23194762.jpg



d0019913_2320849.jpg



d0019913_20544332.jpg

by rakudazou | 2010-01-04 22:38 | 私の猫・ハナ太郎との日々