人気ブログランキング |

障碍を持つひとの楽しさを支援しています!


by rakudazou

<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シナモンのうたの先生

d0019913_14283671.jpg幼さが残るオカメインコのシナモンは9月15日を迎えると生後6ケ月になり体重は80ℊで元気に成長している。何でも興味を示し考えられない行動を行い私生活に至るまで脅かす悪戯をして、私に出来ることは可愛いからこそお互いの安全を注意しなければならないと反省している。d0019913_18284878.jpg

名前だけは憶えてもらいたいと「シナちゃん」と呼び続けていると、3ケ月を経過した頃に肩に止り遊びながらグチュグチュとつぶやいていたが、フト耳を傾けると耳元で「シナちゃん」とあどけなく言った瞬間、私は「アッ、名前を言っている!!」シナモンが愛おしくとても嬉しかった。いつも身辺をお世話になっている友人にそのことを話すと、私の顔を見ながら「親バカですねェ」と言われて信じてくれなかった。最初は小さな声で呟いてみたり叫んでみたり最近は、「シナちゃんおはよう」と言えるようになった。そして、ひそかにシナモンは♂だと確信するようになった

d0019913_18115284.jpg
d0019913_18390009.jpg

昔、初めて飼ったメルちゃんと言う同類のオカメインコは「ウグイス」の鳴き声をとても上手にさえずっていたのを思い出すのである。あの頃と異なり年月を経て私の精神も身体も衰退してしまったが、シナモンに「ウグイス」の鳴き声を出来るなら覚えてほしいと思った。私は口笛が吹けないのでヘルパーさんたちにウグイスの口笛をお願いすると、ウグイスの声にシナモンはすぐに反応して動きを止めてじっと聞くようになった。d0019913_18403463.jpgそのうちに「ホーホケ・ケキョケキョ」から「キョ」がつながり調子の良い時にはビックリするほど大きな声ではっきり鳴くようになった。この「ホーホケキョ」には幸いにシナモンにとって口笛の先生がいた。毎週、土曜日の夜のヘルパーさんは仕事の合間に熱心に「ウグイス」の口笛で話しかけてくれる。シナモンは聞き入って確かに上達はしているが、先生の口笛の抑揚が有り過ぎて迷いながら最近はアレンジして自信なさそうに懸命に唄っている。正しく唄えるように今は練習中である。d0019913_4145376.jpg

しかし、日増しに自己主張が強く大きな声で「オハヨウ」と叫んで聞こえるのは私だけで、周囲には唯「出してョオ!!」と怒鳴って大きな声で朝夕は騒いでいる。
 注:インコ類は口笛によく反応し雄は雌の気を引くために教えるとよく覚える。

d0019913_3452954.jpg


触発されて

シナモンを観察していると何度も繰り返す言葉をそのまま覚える学習力がある。話し相手をしていると私の胸元に飛んで来てシナモンの重みを感じながら、シナモンの頭、嘴、背中などをそっと優しく指で撫ぜたると目を細めて気持ち良さそうにしている。覚えたての言葉を聴きながらシナモンと過ごせる幸せを実感じているd0019913_3493136.jpg

人が訪れるとシナモンは歓迎してくれる人には直ぐに嬉しそうに飛んで行くのである。初めての人などは驚き「すみません」いつも言うのであるが、中には目を細めて「このような経験は余りないので構いませんよ」と動物好きな人もいる。殆どの人は仕事で訪れる人々で事前にケージに入れるように生活のメリハリを覚えさせたいと考えている。d0019913_35189.jpgさいわいにシナモンはドアを開けても直ぐには出ようとはしないで入口を行ったり来たりと遊んでから、のんびりとゲージの扉の舞台の裾で首を傾げたり、さあ、これから飛ぶぞと羽を大きく広げて見せたりて、シナモンは何でも見る物は興味を持ち飛んで行き車イスの背丈より高い人が訪れると飛んで来て止まるのである。シナモンには人それぞれを見分ける力があるのだろうか。相手の迷惑なんてかえりみず飛んで行き肩に止り驚かせている。

d0019913_3522075.jpg


電動車イスが被害

シナモンの存在は我が家に子供が誕生したようなものである。しかし、シナモンの興味津々の悪戯をどのように回避するかは知恵くらべのような日々でもあるd0019913_3581960.jpg

これまでに最大の悪戯は私の大切な電動車イスの先端の操作盤のライトやウィンカーなど、ふといねむりをしている間にシナモンは喜々として丈夫な嘴で「ほじくり返して」しまったのであった。気づいた時には更に悪戯をする構えであったが、叱ることも出来ずに私の油断が招いた結果である。d0019913_442961.jpg

気に入っている麦わら帽子を穴だらけにしたり、観葉植物の根元をパチリパチリと千切ってしまったりと、更に困惑したのは大切なパソコンの上を止まり木にして遊んでいることであった。考えたあげくにノラ猫防止用の尖った芝生のような荒い物を切って断絶用のテープで取り付けて後ろ側は100円ショップにある穴開き滑り止めて様子を見ているが、シナモンンの遊びは限りなく続いている。結論としては飼い主の好きなことにはみんな遊びだと思っていると考えているようである。

d0019913_40744.jpg


オムツをして・・・

訪れる友人がシナモンの細かい世話をして貰えてとても感謝している。その彼女が「シナちゃんにオムツをして・・・」と何度となく訴えている。小鳥にオムツとは考えていなかったが現実に小鳥にオムツをする方法はないと思うのだが、私の肩や身の回りがシナモンのフンだらけで平気でいる神経が許せないらしい。d0019913_419428.jpg家に居る時は肩掛けヤエプロンをして下さいと言われるが、気持ちはよく判るのであるが、出来るだけ回避したいと願っているが、それでもシナモンは我が心のすべてなのである。d0019913_42079.jpg

最も高い窓辺で一人遊びをしているときも、「シナモンおいで」と呼ぶと飛んで来てはインコ独特の癒せる動きでヨチヨチと動き周り、いつの間にか疲れて肩に止ったままで首を羽の中に埋めて共に眠ってしまい、ふと目覚めた折にシナモンは探すまでもなく顔を羽に埋めて寝ている姿を見る度に私はシナモンに支えられていると感じてこの穏やかな日々が少しでも長く過ごせるように努力をし願っている。

d0019913_4101032.jpg

 オカメインコの寿命をしっていますか?寿命は20年ですとも言われていますが、平均寿命は18年です。大切に育てると末永いパートナーとなります。

d0019913_4165833.jpg

d0019913_412251.jpg


by rakudazou | 2016-09-02 03:25 | 《エッセイ》中村陽子